ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?クレジットカードに追加するには?

高速道路を利用するのに便利なETCカードですが、中にはまだ利用されていないという方もおられると思います。

ポリシーを持って作らない方もいるかもしれませんが、どうやって作ればいいのか...面倒くさそうで...なんて方もいらっしゃるかもしれません。

さて、では気になるETCカードの作り方とは?一般的にETCカードはクレジットカードに追加して申し込むものなので、クレジットカードを持っていないと作れないというのも、ひとつのハードルになっているかもしれませんね(ETCパーソナルカードっていうのもありますけど...)。

ETCカードを申し込む際には、自身のライフスタイルに合ったものなどを調べてからにすると後々お得です。

ETCカードって普通は、ずっと使っていくものですしね。

手持ちのクレジットカードがETCカードを追加できるものならば、そのクレジットカード会社からETCカードを追加申込みすれば手に入れることができますよ。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を走行しない時のカード管理を皆さんはどうしていますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方やレンタカーを返す際に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがその利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

高速道路の料金所でみなさんは一般レーンとETCレーンのどちらを利用しますか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットを受けられるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると割引前は一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が流行っているそうです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでもETCの利用自体は車載器に挿すだけですが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

ETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

大学生になって車の免許を取ったばかりという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合はクレカの申し込みとにETCの申請ができ、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費が設定されているETCカードを所持している方はカードの解約を考える方は多いのではないでしょうか。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが終わるまでの期間に幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETC無線走行をするときにゲートを通過する際にデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。