もう着る人のいないお着物どうする?

もう着る人のいないお着物は、中古お着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。
愛好者の多い紬などは、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。
ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。
紬のほかには、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども広く取り扱っているそうです。
自分のお着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。
これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。
というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。
年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、着る機会が限られる喪服の需要は少ないからです。
それを理解した上で、買取を希望するなら、ごく一部ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、そちらを当たってみるのも手でしょう。
そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。
わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断って別の店を探すこともできます。
直接会って話すわけですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。
しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、これなら大丈夫という引取業者に出張で査定を依頼するというのも手です。

着物買取ならヤマトク?安心の査定表でお得!【無料で買取】