カードローンの審査と総量規制とは?

バンクイックなどでのカードローンを複数社で利用する際には借入金額の総量規制があるので、それぞれの利用可能額の合計を確認して申請することが必要です。
こうした規制を消費者金融会社が設けている目的は、キャッシングの利用者が多くの金額を借り過ぎてしまわないための措置であり、その額は年収の額によって変わってきますから、自分がいくら借りているかを確認した上で判断しなければなりません。
アルバイトでもカードローンを借りることが出来るのでしょうか?こうした疑問を持つ人も多いですが、平気なようですね。
当然、返済は義務ですので、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、一概に正社員でなければいけない、という訳ではないため、アルバイト、パートタイマーであろうとも安定して毎月の収入がある場合には、無事に審査を通る可能性が充分にあるのです。
新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で職場に電話がかかってくることがあります(在籍確認)。
私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、キャッシングだなと気づく人がいるかもしれません。
あまり気持ちが良いものではないですよね。
そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしでローンを組める会社もあります。
対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。
在籍確認しないでほしいという申し入れをすると、それに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで審査する方法をとってくれます。
すべての会社が同様というわけではないので、先に確認しておくと良いでしょう。

住信SBIネット銀行カードローン審査厳しい?【基準通る方法】